ニーズがわからない【CRアミーゴDEそーる】でも結構楽しい。

2015/04/15

パチンコ速報

  • amigo_0012015年3月に奥村遊機からリリースされた『ぱちんこCRアミーゴ DE そーる』は、陽気なメキシカンおじさんがこちらをじっと見つめてくる不思議な台。どんな層を狙って作られたのかは不明だが、ラテンのリズムと、振り切れた2種類のスペックで、なかなかの存在感を放っている。

    99type

    大当たり確率は1/99.9。確変中は1/55.1で、25回転のSTタイプ。電サポが25回or50回or100回の振り分けとなっており、100回なら約70%の継続率となる。

    39type

    大当たり確率はなんと1/39.6! 通常時なのにMAXタイプの確変中のような数字である。本機の確変中大当たり確率は1/4(!)で、1回転限りのST。

    モード

    99typeでは、25回転or50回転の電サポを「フェスティバルモード」と呼び、フェスティバル中に大当たりすると電サポ100回転の「超フェスティバルモード」突入。 39typeは一発勝負のST「アミーゴチャンス」で大当たりすれば、電サポ25回or50回or100回の「フェスティバルモード」となる。

    演出

    液晶で数字が揃えば大当たり。ドットで刻むレトロな雰囲気だが、先読み予告や語呂合わせによるチャンス目など、打ち手を飽きさせない様々な演出が搭載されている。

    ボーダーは?

    4円パチンコでのボーダーラインは以下の通り。
    99type……等価:18.2回転/3.5円:19.6回転/3円:21.6回転/2.5円:24.2回転
    39type……等価:15.3回転/3.5円:16.5回転/3円:18.1回転/2.5円:20.3回転
    2つのスペックでボーダーに大きな開きがあるので注意しよう。

     

    いずれのスペックも出玉は少な目なので大爆発には期待しにくいが、大当たりをたくさん味わいたいという方には打ってつけの機種と言えるだろう。

| TOP |