2017年8月新台機種まとめ

2017/08/07

パチンコ速報

  • yosimune
    2017年8月に導入予定のパチンコ・パチスロの新台情報をまとめてみた。新台選びの参考になれば幸いである。(2017年8月4日現在)

    パチンコ

    『CRコブラ~追憶のシンフォニア~』

    8月7日(月)ニューギンより導入予定。2017年4月に導入された『CRコブラ~追憶のシンフォニア~』のスペック違いが2パターン出る模様。大当たり確率1/99.9の甘デジは時短30回、大当たり確率1/129.7のライトミドルは時短50回らしい。出玉はどちらも15Rで約1050個となっているので、出玉だけみると甘デジの方が狙い目かもしれない。

    『CRフィーバーサムライブレード Y』

    8月21日(月)SANKYOより導入予定。『CRフィーバーサムライブレード Y』も2017年3月6日にリリースされたSANKYOのオリジナル機『CRフィーバーサムライブレード』の甘デジタイプだ。一種二種混合機のスペックはそのままに大当たり確率1/77、V-RUSH突入率58%、継続率が65%となっている。

    『CR ANOTHER牙狼~炎の刻印~ 99ver.』

    8月21日(月)サンセイR&Dより導入予定。『牙狼』も最新作が早くも甘デジ『CR ANOTHER牙狼~炎の刻印~ 99ver.』となって登場だ。甘デジといっても侮ることなかれ16Rの出玉は約1152発、確変率50%のうち34%が16R大当たりとなっている。こちらも爆発力を兼ね備えた甘デジ機となりそうだ。

    『CRドラム海物語』

    8月21日(月)サンスリーより導入予定。今回の『海物語』はドラムとなっており、魚群はなんとイルミネーションということだ。スペックは大当たり確率1/229.9(ST20回)の『CRドラム海物語 229バージョン』と1/99.9(ST5回)の『CRAドラム海物語 99バージョン』の2タイプがリリース。どちらも大当たり後は100%STに突入する。新しい『海物語』を体感してみよう。

    『CR花満開~天ノ舞~ GL』

    8月21日(月)西陣より導入予定。『CR花満開~天ノ舞~ GL』も2017年4月3日に主人公「ほのか」のデザインが一新されて話題を呼んだ『CR花満開~天ノ舞~』の甘デジタイプとなっている。16Rで約1152発の出玉と確変確率50%で16Rの割合が20%もあるので、甘デジとしてはかなり期待ができる部類のスペックだ。

    『デジハネCRモンスターハンター4』

    8月21日(月)サミーより導入予定。2016年11月21日に導入された『CRモンスターハンター4』があま~い『デジハネCRモンスターハンター4』になって帰ってきた。大当り確率は1/99.9でST突入率100%(ST5回転+時短40回転)となっており、確変時は10R(約850発)の割合が50%にもなっている。

    『CRめぞん一刻~約束~』

    8月21日(月)平和より導入予定。るーみっくわーるどでも屈指の人気を誇る『CRめぞん一刻~約束~』がリリースされる。管理人さんと五代くんの切なく甘いラブストーリーの最新作となっており、大当たり確率1/256、確変割合65%、引き戻しを含んだ継続率は約76%で16R約1760発のスペックとなっている。通常時47%、確変時62%が4R(約440発)となっているため継続率の割には出玉は少なめかもしれない。

    『CRフィーバー戦姫絶唱シンフォギア』

    8月21日(月)SANKYOより導入予定。リリース前から「連チャン継続率は現行機種トップクラス!?」との呼び声高い『CRフィーバー戦姫絶唱シンフォギア』が登場だ。スペックは1種2種混合機となっており、初当たり確率1/199.8、RUSH突入率が約52%でRUSH継続率は引き戻しを含めると約80%にもなるという。

    『パチンコCR学園黙示録ハイスクール・オブ・ザ・デッド』

    8月21日(月)高尾より導入予定。人気アニメとタイアップした『パチンコCR学園黙示録ハイスクール・オブ・ザ・デッド』が登場。大当たり確率1/217.7の217Ver.と、大当たり確率1/319.7の319Ver.の2タイプが同時リリースされる。スペックは「確変転落方式」と「確変リミット」の組み合わせを採用した超変則タイプとなっているようで引き戻しを含めると確変継続率は脅威の90%越えを果たすという。
    また、確変中の大当たりは確率1/21.7となっていて確変は「8連チャン」するか「約1/145の転落フラグを引く」のどちらかで終了するという。

    パチスロ

    『政宗2』


    8月7日(月)大都技研より導入予定。本機は、5号機時代に演出や楽曲が高く評価された『政宗』の第二弾となる。ファンとしては演出や楽曲も期待したいが、勿論スペックも秀逸だ。本機は純増枚数2.0枚のART機となっており、設定6の出玉率が115.8%もあり出玉には期待が持てそうだ。

    『アイムジャグラーEX-AE』

    8月7日(月)北電子より導入予定。僕らの『ジャグラー』が再び登場。スペックは設定6でBIGボーナス確率1/268.6、REGボーナス確率1/268.6、合成確率1/134.3、機械割105.2%と同じであるが、リール左上の隠れランプがジャグリーとなり、下パネルのデザインが変更されたということだ。

    『パチスロ 戦国乙女~TYPE-A~』

    8月21日(月)オリンピアより導入予定。パチンコ&パチスロでも人気を博す『戦国乙女』の最新作がAタイプの『戦国乙女~TYPE-A~』」となってホールに帰ってくる。スペックは天井非搭載となっていて設定6でBIGボーナス率1/252.1、REGボーナス率1/254.0、合成確1/126.5、機械割114.1%となっている。BIG中に予告音が鳴ったら右、中をフリー打ちし、左中段に白7をビタ押しするなど技術介入要素もあってAタイプファンも納得の仕上がりになっているようだ。

    『パチスロ 世界でいちばん強くなりたい! 』


    8月21日(月)藤商事より導入予定。2017年4月に既にパチンコがリリースされている『世界でいちばん強くなりたい! 』がパチスロになって登場。スペックは純増約1.7枚のARTとなっていて、ART中は「痛ぁ~い」ポイントが継続の明暗を分けるという。設定6でART1/209.6、機械割110.2%となっていてART期待度約40%の「SWEET DIVA総選挙」、ART期待度約60%の「ラッキーパトチャンス」が搭載されている。

    『イノキロードトゥゴッド』

    8月21日(月)ミズホより導入予定。「どうしてこうなった」感満載の黄金の猪木だが、ボーナスや1G純増約1.8枚のARTで勝負する機種らしい。チャンスゾーンの突入契機は目でわかる安心の「ISMシステム」。BBは2種類あり、「闘神BB」中にATRが確定することも…。やや眩しめの演出なので、インドア派には刺激的な機種になるかもしれない。

    『パチスロ ロボットガールズZ』

    8月21日(月)バルテックより導入予定。国民的ロボットアニメ『マジンガーZ』のロボに萌え要素をプラスしたアニメ『ロボットガールズZ』とコラボしたのが『パチスロ ロボットガールズZ』だ。スペックはART純増約2.0枚のART機となっており、天井は1000G+α、設定は設定1 (ART率1/354.0 機械割97.5%)、設定3(ART率1/318.4 機械割100.0%)、設定5(ART率1/280.3 機械割105.5%)、設定7(ART率1/235.7 機械割112.7%)という変則スペックになっているようだ。

    『戦国パチスロ花の慶次 ~天を穿つ戦槍~』

    8月21日(月)EXCITEより導入予定。大人気コンテンツ『花の慶次』シリーズの最新作はパチスロになって登場。『戦国パチスロ花の慶次 ~天を穿つ戦槍~』は、純増枚数約2.0枚のARTで天井が1187G。設定6でART1/306.3、機械割110.1%となっている。「花(87)」とよばれる周期システムを採用しており、消化ゲーム数の下2桁が「87」GでARTが抽選されるという。

    『ぱちスロ 仮面ライダーBLACK』

    8月21日(月)京楽より導入予定。今度のライダーシリーズの最新作は『ぱちスロ 仮面ライダーBLACK』。スペックは純増枚数約2.0枚のART機。天井1280G、設定6でART1/368、機械割112.0%となっているので少々ART当選が重めとなっているようだ。3種類のCZから見事ARTを獲得できれば一撃性はあるかもしれない。

    『パチスロ 討鬼伝』

    8月28日(月)七匠より導入予定。『モ◯ハン』をリスペクトしたんじゃないか説が浮上しているコンテンツだが、やるなら人気機種『モン◯ン』シリーズをちゃんとリスペクトしていただきたい。

     

    8月はパチンコでは人気機種の甘デジが多くリリースされるようだ。パチスロでは『戦国パチスロ花の慶次 ~天を穿つ戦槍~』や『ぱちスロ 仮面ライダーBLACK』のようにパチンコで人気が高かったビックコンテンツがパチスロ化されている。どれも面白そうなので台選びの参考にしていただきたい。

    TOP:YouTube

| TOP |