弱スイカの出玉で晩酌 ~『ぱちんこCR真・北斗無双 第2章』編~

2018/09/15

パチンコ速報

  • hokutom2_00
    こんにちは、養分パチンカーの弱スイカです。ついに出ましたね……大ヒット機種『北斗無双』の後続機『ぱちんこCR真・北斗無双 第2章』! 養分神拳伝承者としてこれを打たないわけにはいきません。

    初代が突入率50%・継続率80%のST機だったのに対し、今作は突入率・継続率共に65%の確変ループ機。初当たり確率約1/319.7は変わらないものの、他はずいぶん変えてきましたね。80%継続の期待感がなくなってしまったのは少し寂しい感じがしますが、とにもかくにも打ってみましょう!
    hokutom2_01
    導入初日、夕方17:00開放のホールにて運よく台をゲット! 『CR北斗の拳7 百裂乱舞』の時も初日に突撃して大勝したので、今回もいけるような気がします。いざ、実戦開始!

    『ぱちんこCR真・北斗無双 第2章』実戦スタート!

    hokutom2_02
    北斗とは相性が良い気がする私。今日の晩酌は何にしよう? などと既に勝った気で打っていたら……は、速いッ! 投資わずか2K、30回転で「あとX秒」タイマー&激アツ!
    hokutom2_03
    本機最強と噂される「悪魔封印の刻」に発展! これはもらったでしょう! ……いやいや、ちょっと落ち着きましょうか。過去の実戦だと初っ端の大チャンスはことごとく外してますからね。軽い挨拶程度に受け取ったほうが……。
    hokutom2_04
    タイマーから「パジカ星人」出現!! こ、これは……いわゆるプレミア演出なのでは!? まさか導入初日にプレミア(仮)が引けるとは、ありがたやありがたや……!
    hokutom2_05
    はい、それでは……リアルでは見かけたことすらない“勝ち確のボタン”をプッシュさせていただきます。
    hokutom2_06
    おっけーい! す、すごい迫力です。ロゴは眩しいし、後ろのトゲトゲの動きが激し過ぎます。この回転を利用すれば、ネギくらいなら容易くぶつ切りにできることでしょう。
    hokutom2_07
    というわけで、幸先良く初当たりゲット!
    hokutom2_08
    初回大当たりは必ず「激闘ボーナス」。振り分けは4R確変65%:4R通常35%となっています。通常大当たりの時短は30回or50回or70回。確変でも電サポが30回or50回or70回で終了(以降は潜伏確変)となる場合があるので、なるべく長い回数であることを祈りましょう。

    「制圧チャンス」突入!

    hokutom2_09
    「制圧チャレンジ」でのボタン連打の結果、「制圧チャンス」の文字が赤! これは確変が期待できるんじゃないでしょうか。
    hokutom2_10
    制圧チャンスでは30回・50回・70回という節目に拠点長が出現。撃破できれば電サポ継続となるようです。
    hokutom2_11
    おっ、制圧チャンス中に発展! ここで当たってしまえば、電サポの残り回数を心配しなくて済みますが……。
    hokutom2_12
    さぁ、弾き返せるでしょうか?
    hokutom2_13
    よっしゃあ、反撃成功!! 私はもう当たっている……!
    hokutom2_14
    そして華麗なる7揃い! 美しい! 早くも脳汁がほとばしってまいりました。
    hokutom2_15
    「真・北斗無双ボーナス」は、払い出し約2400個の16R確変。右打ち中の継続大当たりは全てこの16Rとなっているので、振り分けに恵まれずショボ出玉ということがなく、連チャン=大量出玉となるわけですね。

    「幻闘ラッシュ」に突入!!

    hokutom2_16
    ついに始まりました、次回大当たりまで電サポが続く確変「幻闘ラッシュ」です。まぁ高望みはせず、3連ぐらいを目標に打っていきましょうか!
    hokutom2_17
    などと浮かれていたら……んっ? ユリアバトルで、1stヒューイ→2ndシュレンと来て、finalです。これはリハクが出てくれないと大ピンチなのでは……?
    hokutom2_18
    それみたことか!
    ヒューイが単独で特攻して敗北! 復活もなし! うう、無茶するなよヒューイ……!
    hokutom2_19
    継続時は16Rとなる一方、敗北時は2R通常という世紀末らしい無慈悲な仕様。でも、仕方ありません! 100回転の時短「リベンジゾーン」で引き戻しましょう!
    hokutom2_20
    保留変化とか、いろいろ予告は出るんですが、バトルに発展すらせず……。
    hokutom2_21
    100回転の時短は終了~。うーん、残念! 持ち球で次の大当たりに繋がってくれるでしょうか。

    レインボーオーラ出現!?

    hokutom2_22
    持ち玉が減っていくなか、ここで異変が……!? ただのロングリーチかと思いきや、これ、オーラがレインボーですよね……?
    hokutom2_23
    「運命の女」と書いて「うんめいのひと」と読む北斗っぽいリーチに発展して……。
    hokutom2_24
    当然の大当たり! 時短抜け後わずか16回転! いやー、助かりました!
    hokutom2_25
    制圧チャンスの色は緑。むむ、どうでしょう。仮に通常大当たりでも電サポ中に確変を引いてしまえばいいわけですが……。
    hokutom2_26
    赤い拠点長が出て50回突破! さて、確変の有無や如何に?
    hokutom2_27
    残念! 電サポ終了。カウントダウン後の虹背景もなかったので、通常状態濃厚です。再び持ち球で繋がってくれるといいんですが、そんな旨い話があるでしょうか。
    hokutom2_28
    時短抜け後151回転、ジャギ参戦! からの……。
    hokutom2_29
    真ロゴ赤! どうだ?
    hokutom2_30
    ハズレ! ま、全員参戦じゃなかったし、キリン柄も絡んでないし、これは納得のハズレです。そう、納得のハズレです……。

    で、時短抜け後262回転で持ち球が飲まれました。浅いところでプレミアやレインボーを見てしまっただけに、これからハマる予感……。せっかく座った新台ですが、ここで撤退します! 投資2Kで十分遊べたわけですから、勝ったようなものと言っていいでしょう!

    今回は確変突入即落ち1回、単発1回という冴えない結果に終わりましたが、初代の80%ST機と違って65%のループ機なので、こんなものかなという気もします。35%って引ける時には異様に引けるんですよね(苦笑)。

    晩酌はケンシロウの好物を

    「勝ったようなもの」ということで、勝ったつもりで晩酌タイムに突入です。ちょっと調べてみたところ、ケンシロウの好物はビーフカレー!? 世紀末の世界観に合わないファンシーな食べ物ですが、なにやら連載当時は、ケンシロウの好物は設定されてなかったそう。そりゃあ、あれだけ荒廃した世界では、そんなこと考える余裕ないですよね。ラオウと死闘を演じている時に、「勝ったらビーフカレー食べよう!」とか考えてるケンシロウは嫌です。
    しかし、とある番組の調査で「世紀末でなかったら」ということを前提にして、武論尊氏と原哲夫氏に訪ねたところ、議論が交わされた末に、ケンシロウの好物が決まったのだとか。

    ならばビーフカレーを食そう! というわけで、池袋西口の「火星カレー」というお店にやってまいりました。
    bansyaku091201
    何とも独特の店名と看板ですが、味のほうはいかがでしょうか。オーストラリア産ビーフの赤ワイン煮込みをトッピングした「牛カレー」を注文してみました。
    bansyaku091202
    うっ、うまい! 柔らかく煮込まれたお肉がホロホロと口の中でほどけ、噛めば噛むほど味が出てきます。ルーは良い意味で複雑なお味。鼻に抜ける不思議な香りがたまりません。パクチーとかが好きな人は病みつきになるんじゃないでしょうか。

    オランダのビール「ハイネケン」で口の中をリセットすることで、何度でも新鮮な出会いを楽しむことが可能。今回は「中辛」を選んでみましたが、個人的にはわりとマイルドだったので、次回は「大辛」を食べてみたいです(その上には「土星」さらに「冥王星」が存在!)。ごちそうさまでした!

    弱スイカ
    【プロフィール】
    都内在住のライター。初代『CRサムライチャンプルー』でパチンコの面白さを知り、その後パチスロも習得。一時期は『エヴァ魂の軌跡』の天井狙いで手堅く稼いでいたが、今では養分打ちがすっかり板についた。好きな演出は赤セリフ全般。万枚童貞。

    (c) 武論尊・原哲夫/NSP 1983 版権許諾証KOK-115
    (c) 2010-2013 コーエーテクモゲームス (c) Sammy

| TOP |