【おお杉】気になる噂の新台につっこんでみた

2016/12/24

トレンド

  • rokkuman
    「新基準」という過酷な環境の中、数撃ちゃ当たると言わんばかりに、大量の新台が準備されている模様。その中でも特に気になるものについて調べてみた。

    大量スタンバイ

    ★エキサイト
    マジンガーZ新たな魔神の力
    恵比寿マスカッツ
    信長の野望-創造-

    ★エンターライズ
    ロックマン
    逆転裁判
    ファイナルファイト
    デッドライジング

    ★オーイズミ
    スーパーマリン
    1000ちゃん

    ★オリンピア
    戦国乙女Type-A
    ラブ嬢
    ゼクスイグニッション

    ★北電子
    輪るピングドラム
    プレミアムマハロ

    ★京楽
    水戸黄門
    サイコパス
    必殺仕事人2
    ギルティクラウン(ノイタミナだけど他社の可能性も。。。)
    AKB48勝利の女神

    ★コナミアミューズメント
    戦国コレクション
    マジカルハロウィン6
    ラブキューレ

    ★サミー(系)
    獣王
    サクラ大戦
    攻殻機動隊2
    蒼天の拳3
    輪廻のラグランジェ

    ★SANKYO
    マクロスF3
    マクロスΔ
    ボンバーパワフル3
    モーレツ宇宙海賊

    ★三洋
    戦国嵐2
    ビビオペ

    ★大都技研
    忍魂 暁ノ章
    オドリコ

    ★DAXEL
    そらのおとしものフォルテ

    ★ディ・ライト
    天才バカボン
    ダイナマイトキング
    一騎当千(??)

    ★七匠
    討鬼伝

    ★ネット
    ドリスタせかんど
    賞金首2
    熊酒場2

    ★ハイライツE
    SLOTスカイラブ
    魔法少女育成計画

    ★パイオニア
    オキスロDX-30
    ドキドキマンゴー

    ★ビスティ
    機動戦士Zガンダム

    ★藤
    呪音
    貞子VS伽椰子

    ★ベルコ
    鬼浜爆走愚連隊 愛
    デジスロ

    ★山佐
    モンキーターン3(年明けに展示会、3月納品?)→2月26日みたいです。
    セイクリッドセブン
    キン肉マン3
    新・すーぱー福の神
    タイムクロス

    ★ユニバ系
    アナザーゴッドポセイドン
    INOKI ROAD TO GOD
    花火絶景
    リアルボルテージ
    アメイジングスパイダーマン(ミズホ)
    回胴性ミリオンアーサー(ミズホ)

    出典:Pachinko news laboratory
    導入開始やスペックは不明なものも多いが、有名な版権とのタイアップ機が多数開発されているらしい。ただ、中にはあまり聞き慣れないタイトルも混じっている。

    エキサイト『恵比寿★マスカッツ』

    以前にタイアップ機となる『CRおねだり!マスカット』がサンセイR&Dより出ていたこともある。恵比寿マスカッツって一般的にはあまり浸透していないかもしれないが、AV女優やグラビアアイドルで構成されているアイドルグループで下手なアイドルより人気があるとかないとか。

    出典:パチスロまとめ(天井・スペック・ニュース)ハブスロ
    恵比寿★マスカッツとは、「AV女優やグラビアアイドルで構成されているアイドルグループ」とのこと。そんなものをパチスロにして、遊技中にムラムラしてしまったらどうするのだろうか。

    北電子『輪るピングドラム』

     『輪るピングドラム』は、『少女革命ウテナ』以来の幾原邦彦監督作品だったので『ウテナ』大好きっ子のParsleyとしては注目せざるをえなかったのだけど、期待にたがわぬ、いやそれ以上の名作になった。最終回は10回見直したけど、10回泣きました。

     作品としては、血のつながりをもたない家族のありかたを描いたということで、シェアハウス等の存在感が増している現在とリンクする部分があるし、「子供は親を選ぶことが出来ない」ということを「運命」と割り切っていいのか、という是非についても、考えさせられるアニメだった。

    出典:BLOGOS
    ジャグラーばかり作っていると飽きるのか、たまにアニメに手を出す北電子。「輪るピングドラム」は相当「泣ける」名作のようだが、遊技中に泣いてしまったらどうするのだろうか。

    オーイズミ『1000ちゃん』

    2013年5月に、パチスロメーカー「オーイズミ」の新宣伝担当に就任したメカ少女。宣伝担当として業務をしながら、日々オーイズミ製品の宣伝などを中心にファン(=マスター)と交流している。昼の12時になると「おっ昼だぁ~☆☆☆」という合言葉と共にTwitter上に現れる。

    出典:1000ちゃん 公式ポータルサイト

    元々はマネジメント(経営者)志望であり、押しかけ事務アルバイトであったが、人手不足のためにアイドルデビューする。

    知略と情報力を武器にプロデューサーとともに二人三脚でトップアイドルを目指す。
    アイドルと事務員と学生(高校三年生)の三足のわらじを履きこなし、将来設計も怠っていない「才女」である。

    出典:秋月律子とは|ニコニコ大百科
    オーイズミの宣伝担当がまさかの実機デビュー。アイマス(アイドルマスター)で言うところの「秋月律子」のようなものと言えるだろう。

    ハイライツE『魔法少女育成計画』

    何万人に一人の割合で本物の魔法少女になれるという噂の大人気ソーシャルゲーム「魔法少女育成計画」をプレイして実際に魔法少女になった15人+1人。魔法少女になって充実した生活を送っていた彼女達は、運営からの「増えすぎた魔法少女を半分に減らす」発言によって、「魔法少女になる権利」を巡って争うことになった。

    出典:ニコニコ大百科

    「あずみ」のあらすじ | ストーリー
    あずみを含む10人の子供達が、人里離れた場所で秘かに刺客として育てられていた。そして、彼らは爺の言葉をすべて正しいこととして疑うことを知らない、精鋭の刺客として育った。ある日、爺からいよいよ外界に出る時になったと告げられた10人は、修業の総仕上げとも言うべき最初の試練を与えられる。それは、最も仲の良かった者同士で2人1組となり…殺し合うと言う非情なものだった。大好きだったなちをその手で殺し生き残ったあずみは、心に傷を受ける間もなく次々と過酷な試練を与えられ…。

    出典:まんが王国
    原作は著=遠藤浅蜊・絵=マルイノのライトノベル。小山ゆうの人気漫画「あずみ」の「最初の試練」を彷彿とさせる、えぐいストーリーである。

    NET『熊酒場2』

    「時代先取りしすぎ」と言われていた『熊酒場』(2007年)がついに再登場。今度こそ我々の感覚はNETの開発陣に追いつけるのだろうか。

     

    これだけたくさんあるのだから、たまにはコラボなどやってみたらどうだろうか……と思ったら、すごくコラボっぽいタイトルもあった。ユニバの『INOKI ROAD TO GOD』。もしや『猪木』が『ミリゴ』とタッグを組むのか? 新たな情報に期待したい。

    TOP:YouTube

| TOP |