9月の新台機種をまとめてみた 2017

2017/09/01

トレンド

  • nadinagi01
    2017年9月に導入予定のパチンコ・パチスロの新台情報をまとめてみた。新台選びの参考になれば幸いである。(2017年8月30日現在)

    パチンコ

    『CR緋弾のアリアII』

    9月4日(月)藤商事より導入予定。2017年2月6日に導入された『CR緋弾のアリアII』の大当たり確率1/99の甘デジタイプ(確変継続率約50.5%)と、大当たり確率1/239のミドルタイプ(確変継続率約61.2%)がリリースされる。どちらも確変突入率は100%となっているので、大当たり後は転落しないことを願いたい。

    『CRぱちんこ 魔法少女まどか☆マギカ』

    9月4日(月)京楽より導入予定。『CRぱちんこ 魔法少女まどか☆マギカ』が遂にリリースされる。導入台数も約25000台と京楽の力の入れ具合が伺える。本機は大当たり確率1/319 の1種2種混合機タイプとなっている。RUSH突入率は約60%、RUSH継続率も約80%と数字をみればかなり優秀だが、通常大当たり後の時短は1回が85%、6回が14%、100回が1%(それぞれ+4回の保留付き)となっていて「無理ゲー」との噂も流れてしまっている。

    『ぱちんこCR攻殻機動隊S.A.C.』

    9月4日(月)サミーより導入予定。こちらも人気コンテンツの最新作となる『ぱちんこCR攻殻機動隊S.A.C.』。
    そのスペックは1種2種混合機となっており、通常の図柄揃いの大当たり(大当たり確率1/319)に加えて、羽根モノのような「ジャッジメントゲート」(発生確率約1/160)の2ルートから大当たりを狙うことができる。

    『CR魔法先生ネギま! MM』

    9月4日(月)サンセイR&Dより導入予定。『CR魔法先生ネギま! MM』も人気アニメとタイアップした機種となっている。スペックは時短回数に変化をつけた1種2種混合機タイプとなっている。通常大当たりは、確率1/256で全て1235発の出玉が獲得できる。

    『CR交渉人 真下正義』

    9月11日(月)平和より導入予定。国民的大ヒットを記録したドラマ『踊る大捜査線』のスピンオフ作品が、『CR交渉人 真下正義』となってホールに登場する。大当たり確率1/227のV-確変タイプとなっており、通常大当たりは、4R(時短100回、出玉600発)が99%となっているが確変に突入することができれば、16R(出玉2400発)が50%となるようだ。

    『CR秘宝伝 秘められし時の鼓動』

    9月19日(火)大都技研より導入予定。『パチンコ秘宝伝』シリーズ第2弾となるのが『CR秘宝伝 秘められし時の鼓動』だ。確変ループタイプが採用されており、初当たりは1/239(確変突入率50%)と軽めなのが魅力だ。しかも通常大当たりでは約50%が2400発の出玉となるようだ。

    『CR新夏祭り にゃ七Ver.』

    9月19日(火)ジェイビーより導入予定。2003年に『フィーバー夏祭り』、2008年に『フィーバー大夏祭り』がリリースされた『夏祭り』が9年ぶりに『CR新夏祭り にゃ七Ver.』となってホールに帰ってくる。本機は大当たり確率1/99の甘デジSTタイプとなっており、通常大当たり後は継続率約50%の時短8回のSTに突入する。STは、17回、42回、92回の3種類が存在するが、92回の引き戻し率は60.4%もあるようで、大量獲得を期待できる甘デジと言っていいかもしれない。

    『CR TVアニメーション弱虫ペダル 99ver.』

    9月19日(火)平和より導入予定。人気機種『CR TVアニメーション弱虫ペダル』(2017年2月6日導入)の甘デジタイプがリリースされる。通常大当たりは全て約400発の出玉となっているようで、時短振り分けが次回(6%)、50回(79%)、30回(15%)となっていて、確変中の約62%が出玉300発(次回確変32%、70回時短30%)となっている。スペックだけ見ると大勝ちするには時間のかかる機種のようにも見えるのだが……

    『CR春一番~極上の花道~ ZY』

    9月19日(火)西陣より導入予定。西陣の看板コンテンツの最新作『CR春一番~極上の花道~ ZY』が登場。本機はミドルSTタイプとなっており、確変突入率72%(時短100回)で、時短引き戻しを含めると約89%にもなるんだとか。電サポ中大当たりの全てに時短100回が付いてくるのも嬉しい。スペックを見る限りでは優秀な部類に入りそうだ。

    パチスロ

    『回胴性ミリオンアーサー』

    9月4日(月)ミズホより導入予定。人気カードゲームとコラボした『回胴性ミリオンアーサー』は、A+ARTタイプ(ART純増枚数約1.3枚、ボ-ナス込で約1.7枚)を採用。設定6でBIG 1/354.2、REG 1/337.8、ART突入率1/242.4、合成率110.0%となっていて、他の機種と比較すると見劣り感が否めない。

    『パチスロ アメイジング・スパイダーマン』

    9月4日(月)ミズホより導入予定。『パチスロ アメイジング・スパイダーマン』は、100GのART中にボーナスを引けばボーナス消化後に再びARTが100Gからスタートする変則型のA+ARTタイプになっているという。設定6で機械割117%を越えるので連鎖祭りに期待したいがARTの継続率が50%と少々低めなところが気になるといえば気になる。

    『ぱちスロAKB48 勝利の女神』

    9月4日(月)京楽より導入予定。AKBの最新作『ぱちスロAKB48 勝利の女神』もリリースされる。京楽の筐体にふさわしくかなりデコられているようだが、そのスペックは1G純増枚数約2.0枚のARTタイプで、設定6でART確率1/293.6、機械割111.4% となっている。シリーズ最多のメンバー100人が収録されている模様だが導入台数約5000台と人気コンテンツにも陰りが見え始めたのかもしれない。

    『笑ゥせぇるすまん3~笑撃のドーン~』

    9月4日(月)三洋物産より導入予定。『笑ゥせぇるすまん』シリーズ第三弾となる『笑ゥせぇるすまん3~笑撃のドーン~』は、純増枚数約2.0枚のARTタイプとなっている。設定6でART確率1/148.3、出玉率119.2%という現行機種のなかでも上位にランキングする優秀さなので狙って打っていい台かもしれない。

    『パチスロ北斗の拳 新伝説創造』

    9月4日(月)サミーより導入予定。パチスロ『北斗の拳』としては11作品目となる『パチスロ北斗の拳 新伝説創造』も導入される。純増枚数1.9枚のART機となっており、見事「宿命の刻」を突破することができれば継続ART「激闘乱舞」へ突入するといった二段階のARTが搭載されている。

    『乱嵐エイサー ver.100』

    9月19日(火)オーイズミより導入予定。沖スロ名機『乱嵐エイサー ver.100』もリリースされる。従来通りの完全告知のAタイプとなっており設定6でBIG確率1/249.2、REG確率1/360.1、合成率1/147.3、出玉率108.0%となっており、これまた安心安定のスペックといえるだろう。

    『紅き魂は桜の如く』

    9月19日(火)ベルコより導入予定。ヤンキーの次はレディースということで、ベルコから『紅き魂は桜の如く』が登場だ。本機はボーナスを含めた純増枚数約2.0枚のA+ARTとなっていて、ボーナスは全設定共通の1/2048、設定6でCT確率1/102.9、ART確率1/278.3、出玉率112.3%となっている。人気を博した『G1ダービー倶楽部』も採用したCTを搭載しているので、リリース前から期待する声もネット上で見受けられた。

    『パチスロ ゴルゴ13』

    9月19日(火)SANKYOより導入予定。人気コンテンツにして人気機種である、『パチスロ ゴルゴ13』は純増枚数約2.0枚のARTとなっていて、現行機のなかでは出玉トップクラスとして登場する。ちなみに設定6で、ART確率1/518、出玉率110.2%、天井G数1565G(恩恵は期待度50%のCZ)となっていて、伸るか反るか感が半端ない。ホールが高設定を設置してくれることを祈るのみだ。

    『パチスロ地獄少女 宵伽』

    9月19日(火)藤商事より導入予定。『地獄少女』も人気コンテンツとして定着しており、現在アニメも絶賛放映中。そんなシリーズ最新作『パチスロ地獄少女 宵伽』は、ボーナス込みの純増枚数約2.0枚のA+ARTタイプとなっており、ボーナスは全設定共通の1/1057、設定6でART確率1/221.7、機械割111.6%となっている。

    『シンデレラブレイド3』

    9月19日(火)ネットより導入予定。「ペンペンタイム」が大人気の最新作『シンデレラブレイド3』が満を持して登場。本機もボーナス込みの純増枚数約2.0枚のA+ARTタイプで、設定6ではBIG確率1/159、ART確率1/159、出玉率117.1% と、かなり軽めのスペックだ。導入台数が約5000台と少ないのが残念だが、見つけたら是非叩いて欲しい。

    『パチスロ亜人』

    9月19日(火)オリンピアより導入予定。「亜人は死なない」のセリフで人気となったアニメとタイアップした『パチスロ亜人』。スペックは、ボーナス込みの純増枚数約1.8枚のA+ARTタイプとなっており、ボーナス全設定共通1/299.3、設定6でART確率1/230.2、出玉率110.1%となっていて、可もなく不可もなしといったスペックだ。

    『パチスロ イースI&II』

    9月19日(火)ロデオより導入予定。本機のスペックは、ボーナス込みの純増枚数約2.0枚のA+ARTタイプで設定6で、BIGボーナス1/546.1、AR確率1/362.1 という辛口スペックとなっている。ゲーム好きにはオススメの一台だ。

    『パチスロ闘え! サラリーマン』

    9月19日(火)ロデオより導入予定。『パチスロ闘え! サラリーマン』がリリースされる。本機はA+ART機となっており、431枚を超える払い出しの「宴BIGボーナス」と299枚を超える払い出しの「BIGボーナス」の2種類のBIGボーナスが搭載されているという。設定6でボーナス合成率1/452、ART確率1/259.1、合算率110.2%となっており、ソコソコ期待できそうだ。

    『トロピカルKISS』スウィート&ビター

    9月19日(火)ハイライツ・エンタテインメントより導入予定。純増枚数0.3枚という低純増RTを搭載した『トロピカルKISS』がスウィートVerとビターVerの2タイプ同時リリ-ス。本機はSBBを搭載しており、設定6でスウィートがSBB確率1/482、BB確率1/354、REG確率1/345、合算1/128、機械割111.0%となっており、ビターの方は設定6で、SBB1/462、BB1/753、REG1/1040、合算1/224、機械割112.6%とその名の通り少々苦い設定になっている。低純増RTに耐えられればスペックそのものは悪くないかもしれない。

    『ぱちスロ ウルトラセブン』

    9月19日(火)オッケー.より導入予定。ウルトラマンシリーズ最新作となる『ぱちスロ ウルトラセブン』は純増枚数約2.0枚のARTタイプ。ゲーム性もシンプルで怪獣に勝てばARTが上乗せされて継続する仕様なので遊びやすい。設定6でART1/375.1、機械割112.6%も悪くない。

    『想定科学パチスロ Steins;Gate廻転世界のインダクタンス ランヴォア』

    9月19日(火)オーイズミより導入予定。人気アニメとコラボした『想定科学パチスロ Steins;Gate廻転世界のインダクタンス ランヴォア』は、純増枚数約2.2枚のA+ARTとなっており設定6でボーナス1/358、ART1/404、機械割110.5%。ARTが若干重く、機械割も特筆するような特徴がないというのが正直な感想だろうか。

    『パチスロ蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-』

    9月19日(火)タイヨーエレックより導入予定。人気コンテンツとコラボした『パチスロ蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-』は、純増枚数約1.8枚のA+ART機となっている。ボーナスは全設定共通の1/993、設定6でART1/244、合算1/196、機械割110.2%で、CZからARTを目指す仕様だ。

    『ワンダークーちゃん』

    9月19日(火)山佐より導入予定。『ワンダークーちゃん』はシンプルなAタイプでリリースされる。設定は設定Yのみとなっており、BIG1/216、REG1/324、合算1/129、機械割102%となっている。

    9月は、パチンコでは人気コンテンツを中心にした台が多く、パチスロでは規制前ということもあり、これまでになかったほどの新台ラッシュとなっている。コレを機にいろんな機種を打ってみて、お気に入りの台を発掘してみてはいかがだろうか?

     

    TOP:YouTube

| TOP |