4月導入機種まとめ 2017

2017/04/01

トレンド

  • kisyum2904aa
    年度の始まり、4月に導入予定となっているパチンコ・パチスロの新台情報をまとめてみた。新台選びの参考になれば幸いである。

    パチンコ

    『CRA巨人の星~情熱の炎~』

    4月3日(月)、サンセイR&Dより導入予定。2016年5月にリリースされたミドルスペック『CR巨人の星~情熱の炎~』の甘デジバージョン。初当たり確率1/99.90、突入率100%・継続率約54%のSTタイプとなっている。

    『CR魔法少女リリカルなのは 99バージョン』


    4月3日(月)、SANYOより導入予定。2016年9月にリリースされたミドルスペック『CR魔法少女リリカルなのは』の甘デジバージョン。初当たり確率は1/99.902。通常時の大当たりは必ず出玉あり・電サポつきとなるが、電サポ中は40%の振り分けで出玉なしという、変則的な仕様となっている。

    『CRドラセグ2』

    4月3日(月)、SANYOより導入予定。液晶非搭載、ドラムとセグによるハイブリッド機。初当たり確率1/199.8のミドルスペックと1/99.9の甘デジスペックが同時にリリースされる。いずれも、初当たり時は時短のみで、引き戻しからST突入を狙うゲーム性となっている。

    『CR世界でいちばん強くなりたい! FPM』


    4月3日(月)、藤商事より導入予定。初当たり確率1/319.68のミドルスペックで、確変割合65%の確変ループタイプ。確変は突時(出玉なし)によって終了する。

    『CRA SUPER電役ドラゴン伝説 77VN』

    4月3日(月)、豊丸より導入予定。初当たり確率1/77.0の一般電役機。通常時は「開始チャッカー」で初当たりを狙い、大当たり中は「疾駆チャッカー」で連続大当たりを狙う。

    『CR南国育ち 羽根』


    4月3日(月)、アムテックスより導入予定。合算初当たり確率1/99.9の1種2種混合タイプ。初当たりは「液晶の図柄揃い」と、「キュインチャレンジ発生→V入賞」の2通り。時短は50回で継続率は約60%となっている。

    『CR花満開~天ノ舞~ ZB4』

    4月3日(月)、西陣より導入予定。初当たり確率1/319.69のミドルスペックで、確変割合65%の確変ループタイプ。通常時は20%の振り分けで突確となる。

    『CRコブラ~追憶のシンフォニア~』


    4月3日(月)、ニューギンより導入予定。初当たり確率1/319.68のミドルスペックで、確変割合50%の確変ループタイプ。確変割合が低い代わりに、確変中の大当たりはオール1Rラウンドとなっている。

    『CRフルーツパンチ』

    4月3日(月)、Daiichiより導入予定。2017年1月に『CRフルーツパンチ 319ver.』がリリースされているが、その『234ver.』と『129ver.』が登場する。継続率を抑えた1種2種混合タイプで、短時間でも打てる仕様となっている。

    『CRハクション大魔王』


    4月3日(月)、七匠より導入予定。ライトミドルスペックの『CRハクション大魔王 出ました大魔王Ver.』と甘デジスペックの『CRAハクション大魔王 出ましたアクビちゃんVer.』が同時に登場。いずれも突入率100%のSTタイプとなっている。

    『CRぱちんこウルトラバトル烈伝 戦えゼロ!若き最強戦士 Light Edition』


    4月10日(月)、オッケー.より導入予定。2015年3月にリリースされたMAXスペックの『ぱちんこウルトラバトル烈伝 戦えゼロ!若き最強戦士』の甘デジバージョン。初当たり確率1/99.9、突入率100%・継続率約53.6%のSTタイプとなっている。

    『ぱちんこCR DD北斗の拳 ユリアVer.』

    4月17日(月)、高尾より導入予定。2016年7月にミドルスペックの『三兄弟ver.』、12月にライトミドルスペックの『黒王号ver.』がリリースされているが、その甘デジバージョン。初当たり確率1/77.9、突入率56%・継続率約65%のSTタイプとなっている。

    『ぱちんこCR北斗の拳7 転生』


    4月17日(月)、Sammyより導入予定。初当たり確率1/319.7、確変割合65%の確変ループタイプ。ロングセラー『北斗の拳』シリーズもついに7代目。ちなみに『ぱちんこCR北斗の拳6 拳王』がリリースされたのは2014年10月である。

    『CRフィーバータイガーマスク3-ONLY ONE- YR』

    4月17日(月)、SANKYOより導入予定。初当たり確率1/99.5の変則タイプ。初当たりの約60.2%でRUSHに突入し、1R大当たりが約98%でループする。

    『CRダーカーザンブラック -黒の契約者-』


    4月24日(月)、メーシ―より導入予定。初当たり確率1/159.8、確変割合50%の確変ループタイプ。初回の確変大当たりは8割が潜伏となる代わりに、電チューからの大当たりは半分が16Rとなる。

    パチスロ

     

    『ドキドキマンゴー』


    4月3日(月)、パイオニアより導入予定。ボーナス合算1/174~1/144、完全告知のノーマルAタイプ。一般的なBIG・REGに加え、MB(ミドルボーナス)が搭載されている。

    『パチスロ恵比寿マスカッツ』

    4月3日(月)、EXCITEより導入予定。純増2.0枚、突入率1/574~1/363のARTタイプ。ARTへはCZや疑似ボーナスを経由して突入する。

    『パチスロ 機動戦士Zガンダム』


    4月3日(月)、ビスティより導入予定。純増1.7枚、ART突入率1/430~1/298のA+ARTタイプ。ボーナスは全設定共通1/596のBBと1/183~1/166のCBとがあり、いずれも獲得枚数は56枚で、ARTへのCZ的存在となっている。

    『押忍!番長3』

    4月3日(月)、大都技研より導入予定。純増2.0枚、ART突入率1/430.1~1/242.3のA+ARTタイプ。あらゆる局面で「ベル」が重要。天井もベル回数で管理されている。

    『鬼浜爆走愚連隊 愛情恋歌編』


    4月17日(月)、ベルコより導入予定。純増2.0枚、合算1/299.1~1/220.7のA+ARTタイプ。ARTは差枚数管理型で、枚数上乗せゾーン「コウヘイ苦ラッシュ」やストック上乗せゾーン「鬼神乱舞」を搭載している。

    『パチスロ獣王 王者の覚醒』


    4月17日(月)、Sammyより導入予定。純増1.4枚、ART突入率1/588~1/331のA+ARTタイプ。ART「サバンナチャンス」は突入時の期待獲得枚数750枚を誇る。

    『パチスロ キン肉マン ~夢の超人タッグ編~』


    4月17日(月)、山佐より導入予定。純増2.0枚、ART突入率1/428.3~1/357.2のA+ARTタイプ。初代『キン肉マン』の遺伝子を継承したバトル演出が展開される。

     

    パチンコは現役機種の甘デジバージョンや1種2種混合タイプなど、さまざまな機種が登場する。一方パチスロはA+ARTタイプが中心。いかにARTの初当たりを取るかが勝負の分かれ目となるだろう。

    TOP:YouTube

| TOP |